知っておきたい着物の買取サービスとクーリング・オフ制度

着物を買い取ってもらったけど、取し消したい・・・。こんな時はどうする?

着物,買取,クーリングオフ

・思い入れがある着物なので、やっぱり手元に置いておきたい。
・査定だけのつもりが、その場の雰囲気で売ってしまった。
・自分の知らないところで大事な着物を売られてしまった。
・売りたい着物と間違ってしまった。
・やっぱり、買取金額に納得できない。他店の方が高かった。

 

など、着物の出張買取サービスを利用して、一旦は同意して着物を買い取ってもらったけれど、いろいろな理由で「やっぱり売るのをやめたい!返してほしい。」ということがあるかもしれません。

 

そのようなときは、「クーリング・オフ制度」を使って、買い取りを取り消しすることができます。

 

着物を買い取ってもらったけど、取し消したい・・・。こんな時はどうする?
知っておきたい着物の買取サービスとクーリング・オフ制度

クーリング・オフ制度とは?

「クーリング・オフ」とは特定商取引法(第58条の14)という法律に定められている制度で、消費者が訪問販売、電話販売や訪問購入などで契約したあと、後から頭を冷やして(Cooling Off)考え直した結果、8日以内であれば、無条件に契約を解除できるというものです。

 

クーリング・オフができる取り引きは決まっていて、自分で店に行ったりや通販サイトにアクセスして購入した商品やサービスには適用されません。着物などの出張買取サービスは、クーリング・オフの対象になっています(訪問購入)。このため、クーリング・オフの説明がなかったり、クーリング・オフはできないと嘘を言うような出張買取サービス業者は利用しないようにしましょう。

 

ただし、同じ買取サービスでも、店に持ち込む「店頭買取」や、宅配便でやり取りする「宅配買取」はクーリング・オフの対象外になります。あくまでも「出張買取」だけが対象です。

 

クーリング・オフの流れ

着物を買取してもらったあと、クーリング・オフしたいときは次のような流れになります。どこの出張買取サービスも基本的には同じです。

クーリング・オフができる期間は買い取り日から8日以内です。

※査定のあと買い取りの際に署名する「売買契約書」を受け取った日から8日間になります。
買い取り日(契約書を受け取った日)を1日目としますので注意してください。
※当然ですが、期間を過ぎると対応してもらえません。クーリング・オフしたいときはお早めに。

着物,買取,クーリングオフ

クーリング・オフで契約を解除したいことを買取サービス店に「書面」で連絡します。

※法律では書面による通知と定められています。
※いきなり書面を郵送するのではなく、先に各店の窓口へ電話して相談した方が確実です。
※「スピード買取.jp」では電話で受け付けてくれる場合もあります。

着物,買取,クーリングオフ

書面を郵送後、買い取られた着物が返送されていきます。

※品物の特定や確認、配送に時間がかかりますので、手元に帰ってくるまでに1週間〜10日はかかります。

着物,買取,クーリングオフ

すみやかに解約書類を返送して、受け取った金額を返金をします。

※返品されてきた着物と一緒に解約書類が入っていますので、署名捺印をして返信してください。
※着物を売って受け取った金額を、指定の銀行口座に入金してください。

 

着物,買取,クーリングオフ

着物を失敗なく売りたいなら、クーリング・オフ制度をきちんと説明している出張買取サービスを選びましょう!

 

クーリング・オフ対応のおすすめ着物の出張買取サービスはこちら。