要らなくなった着物の処分は捨てずに売る!高く売れる方法は?

要らない着物を処分するにはどうするのが良い?着物の処分方法まとめ

着物,処分,売る,方法

要らなくなった着物は、洋服のようにゴミや廃品回収に出したり、あるいは知り合いにあげたりしにくくて、意外と処分に困るものです。

 

着物がしわくちゃだったり、シミや汚れが酷かったり、虫にくわれて穴だらけだったりと明らかに状態が悪いものではなければ、「売れる」可能性がありますよ。売れれば、多少でもお金になりますし、着物も別のところで生かされるので、一石二鳥です。要らなくなった着物の処分は、まず「売る」方向で進めてみましょう。

 

着物を売るとなると、問題はその手段ですが、今どきであればインターネットのオークションやフリマサイトを利用することが思い浮かぶかもしれません。あるいは、街中の質屋やリサイクルショップに持ち込むということも挙げられます。

 

ネットオークションやフリマサイトを利用する

 

着物,処分,売る,方法

身の回りの要らなくなったものをインターネットのオークションやフリマサイトで売るということは、もう一般的な方法ですね。サイトの操作性が良くなって、パソコンからではなくスマホからでも利用しやすくなりました。実際にサイトをみてみると、着物もたくさん出品されています。

 

オークションやフリマのサイトを利用する大きなメリットは、自分で値段をつけられることです。これは大きな魅力です。

 

着物に詳しい収集家が掘り出し物を探していることもあるので、オークションだと思わぬ高値がつくこともあります。しかし一方で、買い手がつかない場合も少なくありません。

 

出品するには値付けが必要ですが、それにはある程度の商品(着物)についての知識を身に付けておかないといけません。良い着物をむやみに安売りしてしまうことも防げます。

 

また、出品にあたっては、着物の状態がよく分かる写真や、正確で分かりやすい商品説明を準備しないといけません。簡単に済ませることもできますが、本気で売りたいなら大切なことです。たくさん出品されている中で、他の出品者との差別化になりますし、トラブルの防止にもつながります。

 

オークションやフリマサイトの場合は、こうした準備のほか、購入者との連絡や入金確認、商品の梱包・発送といった手間もかかります。このような点がデメリットになりますが、いろいろな可能性が期待できる処分方法だといえます。

 

 

質屋、リサイクルショップに持ち込む。

 

着物,処分,売る,方法

着物を売る=質屋というイメージがある人もいると思いますが、最近では質屋が少なくなったので、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう方が主流です。

 

しかし、質屋にしても、リサイクルショップにしても、着物に関してはわざわざ持ち込んだ割に、よほどの良い品物でない限り、金額はあまり期待できません。店によっては、着物を受け付けていないところもあります。

 

その理由は、着物は需要そのものが小さい上に、保管やクリーニングなど取り扱いにとても手間と経費がかるので、割りに合わないからです。

 

特に家電や食器、古着など何でも取り扱っているような小規模なリサイクルショップや、ブランド品や貴金属などが中心の買取店では、店員の着物に対する知識が乏しいので、買取価格を低く抑えます。たとえ、それなりに良い着物でも、正しく査定できずに二束三文ということもありえます。

 

このため、リサイクルショップに持ち込む際は店選びが重要です。着物の取り扱い実績が豊富なところや、着物専門のところを選びましょう。着物を持ち込む際には、事前に査定できるかどうかを問い合わせすることをおすすめします。

着物を売るなら出張買取サービスがおすすめ

着物,処分,売る,方法

着物を売るなら「出張買取サービス」を利用するという手段もあります。

 

これは、着物に詳しい担当者が自宅に来て着物を査定してくれるというサービスです。査定のあとに、ついた買取価格に納得できれば、その場で買い取ってくれて、代金を現金で受け取れます。

 

店まで出向く必要がなく、自宅にいながらにして買い取りしてもらえることがメリットですが、街中のリサイクルショップよりも高く買い取ってもらえる傾向があることが大きな特徴です。これは、出張買取サービスは店舗を持たずに、大量の着物を取り扱い、独自の販路を確保することで、経費を効率化できていることが大きな理由です。

 

要らなくなった着物を捨てるにしても、オークションやフリマに出品するにしても、リサイクルショップに持ち込むにしても、その前に着物の出張買取サービスで査定してもらってみると、価値が分かるのでおすすめします。その結果、買い取ってもらえなかったものや買取価格に納得できなかったものを、ネットオークションうやフリマサイトに出品してみるというやり方もいいと思います。出張料、査定料など一切費用がかからず、査定だけでも利用できます。

 

利用しやすい着物出張買取サービスはこちら。

 

 
着物の処分にリメイクという方法も。

 

着物,処分,売る,方法

要らなくなった着物の処分方法に、着物の生地を使って、。例えば、ブラウスやシャツ、カットソー、スカートなどの洋服や、かばんや巾着袋、日傘、財布、ブックカバーといった小物や日用品など、違う形に作り変えて再活用する、いわゆる「リメイク」があります。手放したくない思い入れのある着物や、買い取りしてもらえなかった着物の処分に向いています。

 

着物としてはて売れなくても、リメイクすることによって、新しい価値が生まれて、オークションやフリマで売れる可能性もあります。

 

リメイクは自分できなくても、街中にある洋服のかけつぎや寸法直しをやっている裁縫店で請けているところがありますし、インターネットで検索するとリメイクの専門店があります。興味があれば、一度相談してみてはいかがでしょうか。