あなたの着物をチェック!高値の買い取りが期待できる5つの条件

高く買い取ってもらえそうな着物とは?

着物,高値,買取,条件

着物にはピンからキリまで多種多様なものがあります。その中古の買い取りとなると、二束三文だったり、あるいは値段が付かないという場合も少なくありません。ブランド品や宝飾品などに比べて、需要そのものが大きくないことが原因のひとつです。中古着物は売れにくいものなのです。

 

しかし、このような中でも、比較的高値で取引される着物もあります。それは、次のような条件が揃ったものです。

 

言うまでもなく品質と状態が良い着物となってきますが、あなたの要らない着物が条件の一つにでも当てはまるようであれば、一度査定してもらってみてください。

 

状態が良い

 

着物,高値,買取,条件

査定には着物の状態が大きく左右します。当然のことですが、状態が良いものが査定は高くなります。

 

いくら高価な良い着物やほとんど着用していない着物でも、しわくちゃだったり、折りジワがくっきりついていたり、糸のほつれや刺繍部分の傷み、あるいは汚れやシミ、色褪せ、虫食い、カビがあると、買い取りの査定はどうしても低くなってしまいます。

 

査定の前には、できればアイロンがけをしたり、品物によってはクリーニングに出すなどして、少しでもきれいな状態にしておく方が査定には有利です。

 

それと、着物はきちんと保管していても、時間とともに劣化していきます。着物の記事は特に天然素材で繊細なものが多いので、その進行が速いです。要らなくなった着物は、状態が悪くならないうちに早めに売ってしまった方が得策です。

 

ちなみに状態が良くなくても、リメイク用の生地用などに買い取ってもらえる可能性はありますので、査定はしてもらいましょう。

 

ブランドネームがある

 

着物,高値,買取,条件

友禅や江戸小紋、大島紬などの伝統工芸品や人間国宝や有名作家の作品といった「ブランド」があるとやはり強いです。さらに、それらを証明する「証紙」や証明書、鑑定書、あるいは購入した時の百貨店や呉服店の領収書などが一緒にあると、より高額での買い取りが期待できます。

 

ちなみに、「証紙」は産地や種類、織元などを証明するものです。反物に縫い付けてあったり、端切れと一緒に入っていたりします。査定の前に必ず確認してみてください。もちろん「証紙」が無くても買い取りの査定はしてもらえます。

 

 

 

生地が正絹や上布

 

着物,高値,買取,条件

絹100%の「正絹(しょうけん)」の生地で作られた着物であれば、余程のことが無ければ買い取ってもらえます。麻素材で織られている薄手の「上布」も比較的高めです。

 

ただ、化学繊維やウールのものなど一部の素材は査定の対象外か、査定の対象でも値段が付きにくくなっています。生地をみて材質(素材)が分からないという場合は、査定で確認してもらいましょう。

 

また、紋が入っている着物は、入っていないものよりも買い取りの査定が低くなります。

 

 

サイズが大きい

 

着物,高値,買取,条件

着物の大きさ(サイズ)も、意外と買取価格に影響します。仕立て直しができる大きめのサイズほど値段が高くなります。、具体的には、身丈160cm以上、裄丈65cm以上あると、査定が高くなる傾向があります。

 

逆に小さな着物の場合は、仕立て直しに制約が出てしまうので、査定が低くなりますが、子供用にしたり、リメイク用の生地として活用したりと使い道があります。買い取りしてくれないわけではありませんので、査定してもらいましょう。

 

ちなみに、小さいサイズの着物でも本来の反物の大きさのままの縫い代を多めに取って小さくに仕立ててある場合があります。この場合は大きいサイズへの仕立て直しができるので、査定は高くなります。

 

 

色や絵柄が無難

 

着物,高値,買取,条件

着物の色や絵柄も買い取りの査定に関わってくる要素になります。幅広い年齢層に受け入れられるような無難な色柄であれば査定が高くなりますが、逆に奇抜なものは低くなります。

 

ただ、最近は明治から昭和初期にかけての幾何学模様や西洋的な花柄など斬新なデザインの着物人気が高まっていているので、品物によっては高額の買い取りが見込めます。

着物の買取依頼は実績のあるところで。査定は複数店で。

着物は奥深いものなので、買い取り(査定)する側には詳しい専門知識が必要です。このため、着物を1円でも高く売りたいなら、着物専門の買取店か着物の買い取り実績が多いところに査定を依頼しましょう。

 

例えば、街中にある家電や洋服、食器など何でも扱っているようなリサイクル店や、ブランド品や貴金属中心の買取店など、着物にあまり詳しくないお店では、良い着物でも正しく査定できないことがありえます。こうしたお店では詳しくない品の買取価格は低く抑えるからです。着物を得意とする買取店を選ぶことが大切です。

 

また、複数の買取店で査定してもらって比較する(相見積もり)ことも、着物を高く売る方法のひとつです。査定してもらった後に、果たしてその金額が正当なものかどうかという不安の解消にもなります。

 

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山で初めてでも利用しやすい3社

着物,高値,買取,条件