反物の買取!大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山で売るならココ!

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山で、反物を上手に処分する方法は「売る」こと

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

・買ったものの、着物に仕立てないままになっている反物。
・生地巾の都合で仕立てすることができなかった反物。
・人からいただいた色や柄が好みではない反物。
・両親や親戚から相続したり、形見分けで譲り受けた反物。
・遺品整理や引っ越しの際に予期せずに出てきた反物。

 

 
このような”タンスの肥やし”になっている、
要らなくなった反物の上手な処分方法を紹介します!

 

 

 

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の関西地方は、
古くから着物の文化が深く根付いていて、織物の産地もたくさんありますので、
それなりの着物や反物をお持ちのお宅も多いと思います。
ただ、タンスに眠らせているだけという方がほとんどではないでしょうか。

 

「反物」は、着物の材料となる生地のことです。
着物になる前の状態なので、要らなくなると他の使い道がないので、タンスにしまっておくしかありませんよね。
友達や知人に譲ろうと思っても、着物ならまだしも反物となると、おいそれとはいきません。

 

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

そこで、反物を上手に処分する方法はやっぱり売ることです。

 

着物になっていない反物の状態でも売ることができます。
しかも、反物はいろいろ加工ができるので、着物よりも高く売れる傾向がありますよ!

 

 

 

 

どこで、反物を売るの?

 

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

それでは、要らない反物の売り方ですが

自分で、インターネットのオークションやフリマサイトへの出品したり、
街中の着物買取店や着物を取り扱っているリサイクルショップに
持ち込むといった方法があります。

 

どちらも案外面倒ですし、お店が近くにないこともあります。
せっかくの反物を処分しようという気持ちも萎えてしまうかもしれません。

 

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山にお住まいなら、
自宅まで査定員さんが買取にきてくれるという便利な
着物の出張買取サービスが利用できますよ!

 

 

大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山にお住まいなら

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

 

反物を手っ取り早く売れる出張買取サービス

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

「出張買取サービス」とは、自宅に査定員さんが来て、

売りたい反物を買取してくれるというものです。
反物に限らず、着物全般、和装小物もふくめて査定してもらえます。

 

そして、査定のあとに買取価格が提示されますので、
それが納得できる金額でしたら、契約成立!
その場ですぐ、現金で支払ってくれます。

 

売りたい反物などをタンスから出しておくだけだけで、
手っ取り早く処分することができます。

 

着物の「出張買取サービス」の流れ

 

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

ちなみに、出張買取サービスは無店舗のところが多く、

広い地域で大量の着物や反物を取り扱うので、
業務や費用を大幅に効率化ができるのことから、
例えば同じ反物でも、街中に店舗を構える小規模な買取店よりも、
買取価格が高くできるという強み
があります。

 

 

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山のお住まいの方は

 反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

自宅にいながら反物を売れて、より高値の買い取りも期待できる
出張買取サービスですが、なかでも大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山で、
自宅までの出張費、査定費用、査定後のキャンセル費用が一切不要で、
完全無料で利用できる買取店を紹介します。

 

買取価格が不満な時は、キャンセルができて、費用もかかりませんので、
お持ちの反物の価値だけを知りたいときという方も利用できますよ。

 

 

大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山で無料で利用しやすい!

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

売る前に「反物」について、知っておきましょう!

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

「反物」は、着物を作る生地(織物)のことです。

 

1枚の長い布になっていて、大人用の着物(長着)1着を仕立てることができる量(長さと幅)がひと巻き(=1反)になっています。これを「着尺(きじゃく)」といいます。

 

着尺のほかに反物には、丈の短い羽織り1着分の「羽尺(はしゃく)」や帯用の「帯地」、着物の中に着る長襦袢用の「長襦袢地」、袴用の「袴地」といった種類があります。

 

反物(着尺)の標準的なサイズは、幅が約40cm(1尺5分)×長さが約12.5m(3丈3尺)です。
男性用の反物などでは、幅が広いものもあります。長さは共通です。

 

ちなみに着物の世界で使われる長さの単位は「鯨尺(くじらじゃく)」というもので
1丈=約3m79cm、1尺=約37.9cm、1寸=約3.8cm、1分=約3.8mmとなっています。

 

反物の主な素材(材質)には、正絹(絹100%)、麻、綿の天然素材のほか、
東レシルックやポリエステルといった化学繊維があります。

反物を高く売るための2大重要ポイントは素材と状態!

 

反物の素材のうち、正絹や上布(高級の麻布)の反物が買取価格が高くなります。
そのなかでも、伝統工芸品や有名作家の作品であれば、より高値が期待できます。

 

この場合は、生地の産地や製作者、作家名などが書かれた「証紙」という証明書が、
反物の端に縫い付けてあったり、箱に同梱されていたりします。

 

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

 

「証紙」があるのとないのとでは、
買取価格が変わってきます
ので売る前に確認してください。

 

木綿や化学繊維の反物は、値段がつかなかったり、値段がついても少額という場合が多いです。

 

また、反物の状態も大きく買取価格を左右します。
シワやシミ、色褪せ、虫食い、破れ、汚れ、カビなどがあるものは、
いくら素材がいい反物でも、やはり不利になります。

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山

出張買取サービスでは、反物の素材が分からなくても、

証紙がなくても査定してもらえます。

 

状態があまりよくなくても、ダメ元で見てもらうのもアリです。
着物にできなくても、小物やリメイク用の生地としての需要もあります。

 

また、正絹や麻など天然素材の反物は、
大事に保管していても、時間と共に劣化が進んで、
余程の名品でなければ、価値も下がっていきます。

 

反物を売って処分しようと思い立ったら、早めに行動に移しましょう。
査定員さんとうまくタイミングがあえば、その日のうちにに来てもらえることもありますので、
一度問い合わせてみてください。

 

大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山でおすすめ!農村や山村でも出張費など無料!

反物,買取,売る,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山